社労士試験に本当に合格できる、たったひとつの勉強法

社労士試験の勉強法は1つしかない

高校・大学入試や資格試験の勉強法を聞かれることが多いのですが、「予習復習を欠かさず、復習は何度も」と言っても納得して貰えません。毎回説明するのも大変なので、ご一読下さい。

勉強法を尋ねられる理由

おそらく勉強法を指すものが広くなっているのだと感じます。勉強法なのか教育法なのかそれとも解答する上でのテクニックなのか、勉強法を調べても整理されていないことが多く、どこに自分が欲しい情報があるか分からないのでしょう。勉強法を正確に捉えて把握するためには勉強法の勉強法が必要になります。勉強法の勉強法が分からないために、勉強法を尋ねてくるのではないでしょうか。詳しくは<2>から<4>で説明します。

社労士試験の勉強法はたったの1つだけ

社労士試験はどのような人が受験するのか、どのような人に合格して欲しいのかという社労士試験の性格を考えれば、「復習を繰り返す」というたった1つの方法しかないことが分かります。大学までの受験や他の資格試験で成功した方法が社労士試験で通用しないのは何故なのかを知りたいと思われる方は<6><7>にどうぞ。

勉強法の近くにある様々な技術をどう使いこなすか

広義の勉強法と言える技術は数多くあります。勉強法をさらに効率化させる技術もあれば、条件が合わずに失敗してしまうこともあります。技術の危険性については<5>で、社労士試験の勉強法を効率化させる技術については<8><9><10>でお話します。

まずは勉強法を検索せざるを得ない現状についてお話します。

>合格までの勉強法をすべて任せられる教材があります